2008年12月15日

ママが高熱でダウン

先週のことですが、急にママが高熱を出しダウンしてしまいました。赤ちゃんが産まれて約3ヶ月、上の子が産まれて約2年半経ちますが、小さい子がいると多少の風邪でも寝込んでいられないとここずっと寝込んだりすることはなかったのですが、さすがに39.5度の熱は無理のようでした。

幸い、ママの方のおばあちゃんが家に来てくれている時だったので非常に助かりました。朝起きた時は何ともなかったのですが、昼頃から急に熱っぽくなりいきなり39度超え。
上の子の保育園のお迎えはおばあちゃんにお願いし、平日だったためパパも早めに帰宅しました。そして、赤ちゃんをおばあちゃんに見てもらっておき、ママと上の子を連れて近所の病院へ。上の子を連れて行くのは手間ですが、置いていくと「自分も行く!」怒るので仕方なしに・・・。

高熱なのでインフルエンザを疑いましたが、1ヶ月ほど前に赤ちゃんを除く他3人は予防接種を受けていました。病院の先生は、高熱が出てから時間があまり経っていないのと、鼻水が少ないのでインフルエンザの検査をしても反応が出ないかもしれないとのこと。
確かに咳や鼻水など風邪の症状はありません。その日は血液検査と抗生物質などの薬を投与してもらい帰宅。

帰ってもさすがにぐったりしていましたが赤ちゃんは母乳をほしがります。と、ここで一つ気になったのが母体が風邪やインフルエンザにかかっている場合、母乳をあげてもいいのか気になりました。出産した産婦人科の方が詳しいと思い聞いてみると、母乳には影響がないようです。ただし、投与された薬が母乳に影響するものがあるらしく、薬名を言うと抗生物質などはOKでしたが、高熱時に使用する座薬はNGでした。

これだけの熱で座薬が使用できないのは少し痛いと思いましたが、薬を飲んで水分を摂って翌朝になるとケロッと熱が下がっていました。(※ママはしんどい中、夜中に起きて赤ちゃんに母乳をあげていますが・・。)
昨日の病院に血液検査の結果を聞くと、菌を殺すための白血球の数値が高いだけで、熱が下がっていれば昨日の薬で様子見ていいとのこと。大事をとって上の子の保育園の送り迎えはパパとばあちゃんで行いました。が、昼間ママしかいないので、赤ちゃんの相手を少なからずしなければいけないのはどうにもなりません。

その後も熱が上がることなく2日ほどで完治し、結局風邪やインフルエンザではないようで家族の誰にも感染することがなかったのが幸いです。やはりママの日常の働きぶりに感謝した一件でもありました。

※本文中に記載しました、授乳についての判断は病状やかかりつけのお医者さんなどで違う可能性がありますので、確認を取っていただくことをおすすめします。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sukusuku-akachan.com/mt/mt-tb.cgi/117